FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史

これは私が小学4、5年の頃実際に私が見聞きした話しだ。
若い人は受け入れ難い話しかもしれない。因みに私は現在44歳になったのだが今日が誕生日ではない、念のため。
私達家族は大阪の市内から鹿児島のど田舎に私が小学2年の頃、父の仕事の都合で引っ越してきた。
前に記事で父が何を思ってか部落の側に家を建てたのだがそこでの話し。
ある日見覚えのないじぃさんがうちの近所をウロウロしていた。思いっきり私に印象付けたいかの様にウロウロしていた。……でこのじぃさん、腕がなかったのだ。どちら側の腕がなかったかまでは覚えていない。隻腕というやつだ。
私はそれまで隻腕の人を見た事がなかったので非常に驚いた。うちに帰って親に「腕が片方ない人がいた!やっぱり戦争でなくなったのかな?」と聞いてみた。すると思いもしない話をしてくれた。
「あれは朝鮮人がお金の為に自分で腕を落としたりするんだよ」私「はぁ?どういう事?」親
「あれで大金が払われるんだよ」という話をしてくれた。勿論隻腕の人が皆そんな人間ではないが、当時は(具体的には戦後)そんな朝鮮人達が普通にいたという話し。うちの両親は九州人だから知っていたのか、大阪育ちの私は目から鱗だった。
そして私にそれを仄めかしにきたそのじぃさんは
2度と私の前に姿を現さなかった。つまりわざわざ何処からかうちの近所に現れた近所の人間ではなかった!という事。
もう1つは知的、身体障害者の話し。
障害者にも色々な人がいるが、いわゆるパッと見て知的、身体障害者とわかる自力で歩けるが側に補助する人がいる感じの知的、身体障害者に対して、クラスメート数人が言い放った言葉「お前ら血が濃いいんだよ、だからそんなんなんだよ」と言っていた。
私は(嘘でしょ?そんな酷い事普通に言う?)とビックリしたので覚えている。
でもこれも被害者にはわかると思うが、集団ストーカーの加害者に何故か障害者がいると言っている様に私の集団ストの加害者の中にも昔からいる。
なので色々ググってみると、どうやら本当らしいという事。
何と言えばいいか正直悩むが、もしかしてこういう類いの知的、身体障害者って大量に韓国から流れてきた様に思う。
これらは今から34年位前の鹿児島のど田舎であった本当の話。……その頃の本当の話しだ。
これを読んだ人がどう思うかわからないが、歴史の事実として書いておこうと思った。今書いておかないと加害者共が歴史を捏造するかもしれないし。
これら当時の子供でも知っていた事実を日教祖はねじ曲げ、「差別」という言葉をはき違えた教育を施した罪は重い。
お前ら当人が思っているよりその罪は重い。
そしてそのねじ曲げた嘘の真実の上にふんぞり返り、私達純日本人を拷問にあわせているお前らが許される日はけっしてこない。
お前らが身を持って体感する日が必ずくるだろう。
追記
この記事を書いていると何度もミスを誘導された。思考を乗っ取る感じのミスリードもあるが、今回は携帯自体を操作して言葉を変換させなかったり、何度もログアウトした後で間違いを気付かせるという邪魔をされた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。