FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マインドと身体操作

相変わらず毎日付きまといや、仄めかし、思考送信等はあるが、何故か少しずつ落ち着いてきている。だが止める気はさらさらない様だ。
私がブログをまた、始めたきっかけは歯の治療が原因だが、もうひとつ同じ被害者及び、まだ被害にあっていなくてもこれからあうかもしれない人達の何か回避するきっかけとなって欲しいという思い、で再びブログを始めた。
何が言いたいのかというと私が強制入院させられた原因が、身体操作だったからだ。
ハッキリ言えば、精神はしっかりしていても、(映像送信もあったが)身体が寝ている時以外、意思に関係なく動かされた。端から見れば、身体障害者と同じ動きだ。
そんな中、映像送信もあり(因みに思考送信という言葉は最近知った。子供の頃、音声送信はあったが四六時中ヘッドホォンで音楽を聴く様になったら、何時の間にかなくなっていった。だから思考送信という概念がなかった)私も身体がかってに動いているから、身体がおかしくなった!と思わずまんまと(旦那もみるに見かねて、精神病院へ行こうといった)精神病院にいかされ、(今思うと旦那も思考送信で誘導された様な気がする)強制入院に至るのである。
どうやって身体の動きが止まったかというと、一気にではなく私の場合は、入院して1ヶ月過ぎた頃、徐々に元の状態に戻った(戻らされた)
私の経験上、これなら健常者を身体障害者にする事も全然可能だという事だ。
もう1つ、私が気づいたのは、強制入院させられる直前まで働いていたのだが、牛乳配達をバイクから車に替えた頃、勝手に腕がハンドルから離される等の身体操作があった。
たまたま駐車場だったし、明け方で人も車もいなかったから良かったが、こんな事を道路の真ん中で交通量の多い中でやられたら、とんでもない事故につながったと思う。
これは私の経験から綴っているが、こうした交通事故の誘発も影で行われて隠蔽されているかもしれないと思った。
身体操作とマインドコントロールは紙一重な気がする。
そして身体操作は寝不足にして、テンションが上がった状態の方がかかりやすいのではないか?と思っている。
徐々に身体操作されていったのだが、確実に寝不足にされていた。1日2、3時間しか寝ていなかったから。
追記
最近思うのだが、電磁波等で痴呆もつくれるという感覚はあったが、よくよく考えて見ると、マインドと身体コントロールの究極が痴ほう症(認知症)なのではないだろうか。
人から思考する力を奪い、徘徊させられるし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。