FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被害報告(追記あり)

また急に歯の事で思い出した事がある。
1995年頃の事である。
当時新聞奨学生を瀕死の思い出卒業したが(なんとか2年間乗りきり)身体の真っ直ぐ歩く事が困難になり、これはおかしいとテレビや新聞、雑誌等で病院を探し始めた頃たまたま電話帳で発見した歯医者へ向かい(世田谷に住んでた頃)自分の身体の状態を説明しレントゲンを撮ってもらったら、左の顎の骨が半分削れている事が発覚した。
その歯医者(正確には歯科技工士だった)はとてもいい先生で(これもまた色んな事があったのだが)取り敢えず顎の治療の前に親知らずをなるべく大病院で抜いてきて欲しいと言われた。
当時は砧公園の近くに住んでいたのだが、私が調べた中では国立目黒病院(現在は国立病院機構東京医療センターというらしい)が良いと判断したので バスと徒歩で通った。
何故今また思い出したかというと、今から21年も前の国立の病院ですでにガスライティングがあった事を思い出したからだ。
4本生えた親知らずのうち、3本は何ともなかったが、またもや左下の奥歯だけは違った。
「歯が取りづらいから、ハンマーで砕くね」
と言われ、木槌でガンガン叩かれた。
大の大人の男の力で‼
このクソ医者はその後、一切(通っている間)私の前に現れなかった。
今思うと、中国系の感じのする男だった。
案の定翌日顔が1・5倍位腫れた。
そして疑いもしなかった私は仕方なく国立の目黒病院へ行き薬を女医からもらって帰ってきているのだが、この時歯科の口腔外科に何故にこんなに人が(患者のふりして)いるのかと不思議に思ったので強烈に印象に残っているのである。
名前は覚えていないが、そのクソ医者の顔だけは、ハッキリ思い出せる。
この恨み他の歯医者共々忘れない。
加害者全員に言える事だが、私の呪いは中島みゆきの、(恨みま~す恨みま~す)よりも深いよ?
あの世に行った時が楽しみだね(笑)
追記
後、2010から2015迄無くて、又始まった被害で思い出した事がある。
ハッキリ言って思い出せる限りの35年もの被害を逐一ブログに書ける程少なくないし、なるべく他の被害者さんが書いていない被害を書いているつもりだが(私が読んだ被害者さんのブログの範囲で)これも私が小学生の頃からやられていた被害、
ちょっと下の話になるが………便と尿の同時強制排出である。
一応書いておく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。