記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差し歯その後

二俣川のアル○ディア歯科をやめて、近所の昔からあるらしい歯医者で治療したが、初診で電磁波を浴び「受付の女か?」と思考すれば、その女が受付から居なくなり電磁波が無くなる………という被害以外至ってスムーズに初日は終わった。
そしてその次の予約日にアレっと思った事。
微妙に歯科医の白髪頭の男の先生が別人ぽかったが(確証はないマスクしてたし)それ以外は無事差し歯になった。
やたら歯科衛生士のおばさんのお腹が鳴ってた事と、次回は五千円かかると(治療費が)云われたのに何故か三千円で済んだ。こんな感じでした。
後今から、一年程前左下四番が激痛がきて(今となっては電磁波だったと分かるが、又お花畑に戻っていた頃の話し)夜も眠れない位痛み、薬も効かず耐えた翌日二俣川の万騎が原方面の郵便局の近くにある安○歯科に行った時の話し。
「痛いから神経抜いて」と言ったら、診察台にも乗せず、口の中も見ず、「歯が浮いてるから痛いんだよ」と言い切り、診察もしないのに効きもしない痛み止だけを処方し、帰す。
という嫌がらせを受けた‼
こんな歯医者が存在する日本って変よね。
結局医科歯科大の外科に行き治療してもらう為、更に1日我慢して、結果膿が溜まっていたらしく手術する羽目になったのである。
ここで登場する医科歯科大は、前に記載したのと同じ医科歯科大なのだが、外科の先生は何故かすこぶるいい先生だった。(名前忘れたけど)
平井と川村がまだこの医科歯科大に入るかはわからないが、お前ら二人と安井と金子は地獄で待ってるから~絶対許さねぇからなぁ(笑)
何で笑ってるかって?そんなの怒りを通り越してるからに決まったるでしょ?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。