FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日航機墜落事故1985

今更な記事だが、書かずにはいられなかった。
5月2日のNHKで(うちは一応受信料払っている)
ミスタートルネード藤田哲也氏の発見したダウンバーストについての特集をみて、日本航空123便の事を思い出したからだ。
この番組、チャンネルをカチャカチャ変えていてたまたま見たのだが非常に興味深かった。
要は藤田氏が発見したダウンバーストによって、飛行機の原因不明の飛行機墜落事故は回避可能なものになるのだが、これってユダヤ(イルミナティ)にとっては自然災害に見立てたテロを封じ込めるキッカケになったのではないか?と何故か私は思ったのだ。
世界統一政府を目論む輩からみれば、世界中の人々が気軽に外国を行ききし、何かしらの影響力を持ち、目的を邪魔されたくなかったのでは?
と考えてしまったからだ。
自然災害に見せかけられるハイテク機器は、現在既に存在すると言われるHAARPの様にイルミナティにとっては、とても都合がいいものだから。
そして日航機墜落事故を連想したのだ。
この事故については過去いくつもの番組が放送されたのだが、私が一番心に深く刻まれたのはボイスレコーダーに残っていた機長の最後の断末魔の声だ。
声と言うか、嗚咽に近い。これが流されたのは色んな番組の中でも一度だけだ。
山に激突する直前の「ああ………………」という声。
私はこの声をきっと忘れない。人間が死の淵に立たされて、最善策を駆使してもどうする事も出来なかった絶望の声としてきっと私は忘れない。
ハッキリ言う、あれは事故じゃなくテロだったと。
詳しく知りたい方はググれば色んな事が書かれているので調べて貰いたい。
特に若い人にも忘れて欲しくない事件の1つである。
真実とは、往々にして後から明らかになる事が多い。
絶大な科学力を持ちながら、テロや自分達の私利私欲な為にしかそれを用いない白人至上主義のユダヤよ、そしてそれに追随する加害者よ、お前らを思う度天国何て無くていいから、せめて地獄は存在していてくれよとつくづく思う。
今日は、ブログに「私は左側ばかり狙われる」
と書けば、右腕に電磁波を当て絶妙な角度でのみ激痛が走る。という嫌がらせとトイレに行く直前でお漏らしさせられるという嫌がらせ。
尿漏れとか、電磁波だから(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。