記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顎への攻撃2

人工的な歯肉の痛み、神経を動かされるのを感じた。今度は右顎を集中して狙ってきたようだ。勿論電磁波で、どうせまた食べる事もできなくて眠る事もできなくて、痛み止めも効かず、救急車を呼ぶか呼ばないか位の強烈な痛みを今度は右側に作りたいが為の電磁波攻撃だ。
顎の筋肉の張りが以前と全く違う。左右で比べても筋肉の張りが全然違っている。
右下の歯肉だけでなく、右上の歯肉も痛い‼
結局これって私が幼い頃から便秘にさせられたり(幼稚園の時にすでに便が出なくて、トイレで牛乳を飲まされる)我慢強く耐えてきたから(当時は電磁波なんて知らないし)普通の人の様に生活が成り立っていたけど、これはつまり拷問されている事が他者にわからない様に、人体内部から拷問されているって事だ。
私の場合は顎関節症というよりも、歯茎からはえている歯が本来とは違う方向へ向き、痛みを倍増させられ、顎の位置をづらされて本来の顔の形ですらなくならるという卑劣極まりないガスライティングを受けてきた。
最近思い出したのだが、多分小4の時別に歯が痛かった訳でもなく毎日きちんと歯を磨いていた私に母が突然「虫歯がないか、歯医者に見てもらいに行ってきなさい」と言われて歯医者に通った(通わされた)時から始まっていたと思う。
何故か診察台に上ってから、治療が終わるまで記憶がなくなる位麻酔を打たれて、終わると痛くもなかったのに左下の歯を銀歯にされていた‼
しかもその後、治療に通えと言われて、1本じゃなく複数。
それに学校では、信頼していた先生(集団ストが激しかった6年前に気付いたが、にみやすずこという女先生も工作員)仕切りに私の方を見ながら「○○ちゃんは1本も虫歯が無くて、凄いわね~」と絶賛していた。今でいう仄めかしである。
多分私は虫歯なんてなかったのに、ガスライティングの為にムダに治療された様に思う。
何度もいう、私の顎は最早本来の形ではない。
顔の形まで変えられている‼
この様な拷問が日本ではまかり通っている。
どうせ思考盗聴されていて、私の脳と繋がっているのなら、この痛みも繋がっていく様にして下さいよ、ユダヤさん(笑)嫌みだよ~勿論。
変な話し工作員にもわからない様に工作員が、整形せずに顔を変えられる時代が来そう(笑)
笑ってる場合じゃないのは、重々承知なのだが最早自嘲するしかない程、追い詰められているのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。