FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被害軽減(追記あり)

今日も顎や、歯茎を痛くされ右側で咀嚼するのが凄く痛かった。食べる事位しか楽しみなかったのに!!と思いながら極力痛みに集中しない様に過ごす。一応歯医者に予約して診察日待ちにした。
コイツらは無視されるのも嫌らしく、歯茎の痛みを気合いで無視すると今度は右の耳の穴の中を電磁波で痛くしたりする。クソである。
例えば余りに痛くて耳鼻科に行ったとする。すると耳鼻科の医者は「虫歯とかない?歯茎とか痛まない?」等とさも最初から私が苦しんでいる事を知っている(誰かに教えられた)様にごく自然に当たり前の様に言ってくる。…………で、とどのつまりは「歯医者に行って下さい」となり、無駄な時間と金がかかるというガスライティングを子供の頃からされてきたので、多少の事では病院へ行かなくなる程の我慢強い人間にされる。というガスライティングも成立させられてきた。
ところで被害軽減と書いたのは、あるブログで「ブログに書いたら被害が減った」か、「なくなった」という人がいた。それで試しにここ暫く悩まされた顎と歯茎の痛みを綴ってみた。
その効果か、何か別の意味があるのかわからないが昨日の夜10頃、やっと痛みがなくなった。
後もう1つ、旦那の運転でドライブした時急にお腹が射し込む様に痛くなる。
これを変に我慢せずに旦那に直ぐ「お腹痛い!!」という。すると何故か腹の痛みが治まる時がある。
要は余り表立って騒がれるのが嫌らしい。
これは昔小学生の頃、母親に勇気を持って音声送信の事を「お母さん、私ね耳にそばにいない人の声が聴こえるんだけど……」と言ってみた。母親は深く考えずに「そのうち治るわよ」みたいな事を言ってきて、私は軽くあしらわれてしまったのだが不思議な事にそれから一切、音声送信の被害だけはなくなった。(思考盗聴と電磁波とコインテルプロはそのまま継続した)まぁ母親からすれば子供の戯言位に思ったのだろうが、私の側は結構勇気がいったけどね。
という何十年も前の事を思い出した。
まぁやってみる価値、言ってみる価値(十分に人を選んで)はあるかもしれない。
只、今の時代は音声送信の技術を知らない人には統合失調症と誤解されてしまいかねないので、くれぐれも慎重に。
追記
5月12日現在、右側の歯茎及び顎、耳の穴の奥の電磁波照射を止めない継続中。
被害軽減は単純な道理ではないらしい。
きっと人それぞれなのだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。